ストライダー 評判

  • ストライダーを安全に乗って、大会(ストライダーカップ)にチャレンジ!


ストライダー 公式


ストライダーは補助輪付き自転車なしに、バランストレーニングができる子ども用のおもちゃです。 2歳から5際程度まで利用できるのでアウトドアの楽しみを満喫しながらこどもが自分で遊べるのが魅力です!


でもうちの子どもに合うかな・・・ という心配も無用!クラシックもでるとスポーツモデルがあり、普通の乗り方からよりスピードアップしてアクティブに楽しめるバリエーションから選べます。 これなら普通に遊びたい女の子も、バリバリストライダーカップで入賞を目指すぜ!という男の子もどちらも満足できますからね。


クラシックの本体素材もスチールでさびにくくホイールはプラスティックとなっているので汚れてもメンテナンスもかんたん。重量も2.7kg~なのでこどもでも楽に扱えます。 ストライダーを利用するのは補助輪付きの自転車の前、せいぜい半年から1年程度なので十分な耐久性もあります。


なんにせよ、実際に乗る子どもが気に入るかどうかは重要ですよ~。2歳で買う家庭も多いのですが、お気に召さなかったようで、結局3歳までは乗らない。なんてのは良くある話です。だったら3歳からのもっと発育上に適したバランスバイクなども登場するかもしれないので、できるだけ実物を乗らせて相性を確認しておくといいと思います。


ストライダー 口コミ


ストライダー本体のバリエーションが豊富なのも特徴! カラーバリエーションが豊富なのはあたりまえ!きせかえによって自分オリジナルの本体にデコレーションして楽しむこともできます。 ハーレーとか普通にかっこいいんだけどw これ、妖怪ウォッチとかポケモンGOのキャラクターなんかのバリエーションもあるとたのしいですよね。


また付属品も充実しています。 ストライダーは自立できないのでスタンドは無理ですが、キャリーバックや、こどもが地面にたたきつけられる際のダメージを抑える専用プロテクターは必須でしょう。 特に肘や膝の骨折は重症になる恐れがあるので、これをつけずにストライダーを利用してはいけません。もちろん指や手のひらにはグローブですね。


そして一番重要なのがヘルメット。子どもが転倒して強打するのはストライダーではご愛敬ですが、頭部のダメージは将来の障害のリスクも考えるととても危険です。 ヘルメットは返品交換もできますので、必ずフィットさせましょう。 楽天やアマゾンじゃなくトイザらスやムラサキスポーツなどの転倒で確認するのもいいですね。



ストライダーの事故



救急車

「ストライダー事故」で検索するとたくさんの衝撃映像がでてきますが、子どもの遊びですので少しくらいはあっても問題ないでしょう。ただ気をつけたいのは、急斜面やアスファルト。 急斜面だとスピードが出すぎてしまうのでコントロールできなくなるパターンが多いようです。


この場合の対策は急斜面で使わない。これにに限るのですが、子どもってスピードが出るところを見つけてレースを始めてしまったりするんですよね。 そんな時でも自分で減速できるブレーキでもあれば安全なのですが、これはストライダーにブレーキがついた安全タイプを購入するしかないようです。


消費者センターからも警告でるほどストライダーの事故は多いので、安全を最優先したブレーキ付きのタイプも候補の1つになるでしょうね。 実際ストライダーから自転車に乗れない子が多い理由も、この減速のやり方を練習できないからという専門家もいます。


まぁどちらにしても、ストラーダ-では走らせないというのが重要になります。 どのみちブレーキもスタンドもペダルもないので、自転車の練習にはなりません。 インスタグラムやツイッターで探しても見つからないのは、できる子はほとんどいないので・・・

ですので、2歳までの足でぱたぱたして進むおもちゃとしてご利用くださいね。 歩くためのおもちゃでスピードをだせば転倒しますし、ケガをします。ストライダーが悪いのではなくて、使い方に問題があるということですね。


仲良しメンバーとレースごっこをしていたら
転倒…

運悪く、縁石に前歯を強打しました。

号泣。
流血。

上前歯がズレてしまった(陥没?)のが見えてしまいました。

↑このようなブログも見つかりますので、安全対策はしっかりと行ってストライダーをお楽しみください




☆ ☆